間取りで選ぶ:ひとり暮らし・カップル・ファミリーに適した間取りはどれ?

住みやすい家を借りる

賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時は、月々の家賃や間取りにポイントを置くのが一般的です。しかし、間取りは人暮らしなのか、カップルだけで生活するのか、それともさらに多くの人数となるファミリーで住むのかによって内容は大きく変わります。まず一人暮らしであれば、それほど大きなスペースは必要ありませんから、ワンルームタイプの賃貸物件で良いでしょう。ただし、キッチンは小さいながらもきちんと設置されていて、できればお風呂とトイレは別々の方が使いやすいです。一方でカップルが生活する賃貸物件の間取りは、広めのキッチンが付いていて、部屋は二つは欲しいところでしょう。間取りで言うと少なくても2DKで、欲を言えば2LDKの間取りであればゆったり生活できます。

ファミリータイプは人数によっても変わります

最も広い間取りが必要になってくるのがファミリーで生活するときです。例えば、夫婦二人と子供二人で生活する場合は3LDKは欲しいですが、子供部屋が二つ必要な場合は、狭くても良いので4DK、または4LDKは欲しいです。子供が男の子ふたり、または女の子ふたりなら、子供部屋は一つでも良いかもしれません。しかし、子供が男の子、女の子、性別が別々ならばどこかのタイミングで別々の子供部屋が必要です。ですから、人数に合わせた形で間取りを決めることや長く賃貸物件で生活するなら、将来のこともきちんと考えたうえで借りるようにしましょう。ころころと賃貸物件を渡り歩くのも良いですが、初期費用がかなりかかるので、引っ越し貧乏になてしまいます。

釧路の賃貸相場は、平均賃料5万円と言われています。ワンルームで3.2万円で、間取りが増える毎に賃料は上がります。

© Copyright Home Rental Agreement. All Rights Reserved.