建物の種類で選ぶ:アパートとマンションの違い知ってる?

建築方法によって違いがある

一戸建ての住宅の多くは木造で建てられます。最近は鉄骨などを利用した住宅もあります。一方ビルや大型のマンションとなると鉄筋コンクリートで建てられます。木造などは見かけません。では賃貸で利用する建物において、アパートとマンションの違いはどこにあるかです。法律上の違いがあるわけではありませんが、不動産業界において一定の基準を設けて区別しています。まず建築方法において木造や軽量鉄骨を使っているならアパートとされます。鉄筋コンクリート造りならマンションとなります。その他2階建て以下ならアパートでそれを超えるとマンションとの区別もあります。ただ、2階建ての低層マンションもあるので、2階建ての全てがアパートになるわけではありません。

それぞれの特徴を知って利用する

アパートとマンションを法的に区別する基準はありません。アパートのように見えてマンションの名称があったり、逆にマンションの見た目でアパートの名がついているところもあります。今は木造や軽量鉄骨か鉄筋コンクリート造りかで区別するケースが多そうです。アパートは比較的作りが簡単なため、建設コストがかかりにくくなります。新築でも比較的安く利用できます。最近のアパートは風呂、トイレ、洗面などすべてついているので、設備そのものはマンションとほとんど変わりません。アパートは構造が簡単なため、壁や天井がマンションに比べると薄めになります。お隣の音、上に住んでいる人の音、通路を歩いている人の音が聞こえやすくなるかもしれません。できるだけ安く住むならアパートを選び、音などを気にするタイプであればマンションを選ぶと良いでしょう。

© Copyright Home Rental Agreement. All Rights Reserved.